ITSMコース一覧

GKI_Learning(ITスペシャリスト)コースのお問い合わせはこちら
     
    1. ITサービスマネジメント基礎(2日間)

    2. このセミナーでは、システム運用のデファクトスタンダードになっているITILについて概要を理解します。ITILについては、IT関連企業の現場でITILをどのように理解し,具体的にどのようなアクションを起こせばよいかを解説します。 詳細はこちら
    3. ITILファンデーション試験対策(3日間)

    4. このセミナーでは、システム運用のデファクトスタンダードになっているITILの資格であるファンデーション試験に必要な知識習得を実施します。3日間で数多くの模擬問題に取り組みますので、随時ご自身の理解を確認しながら進めることができ、終盤に行う総合模擬試験で、合格に向けた最後の対策を打つことができます。 詳細はこちら
    5. 「アポロ13」に学ぶ ITサービスマネジメント・SS/SD編(1日間)

    6. このセミナーでは、1970年の史実「アポロ13号の輝かしい失敗」を題材として、ITサービスマネジメントを体系的に学習します。版権管理会社との正式な契約の元、映画 「アポロ13」を資料映像として用います(研修中に実際に映画をご覧いただきます)。 アポロ計画の真の目的を解説した上で、映画の中で描写されている様々な管理手法を観察し、テーマに沿って受講者同士のディスカッションを通して、考察を深めていただきます。「ITサービスマネジメントを実践していく上で重要な考え方は何か」ということの根本について、実践的に学習することを目的とします。 詳細はこちら
    7. 「アポロ13」に学ぶ ITサービスマネジメント・ST/SO編(1日間)

    8. このセミナーでは、1970年の史実「アポロ13号の輝かしい失敗」を題材として、ITサービスマネジメントを体系的に学習します。版権管理会社との正式な契約の元、映画 「アポロ13」を資料映像として用います(研修中に実際に映画をご覧いただきます)。 映画の中で描写されている様々な障害対策や予防を中心に、テーマに沿って受講者同士のディスカッションを通して、考察を深めていただきます。「ITサービスマネジメントにおける重要な考え方は何か」「ITを維持・運用していくにあたって必要なことは何か」ということについて、実践的に学習することを目的とします。 詳細はこちら
    9. 「アポロ13」に学ぶ ITサービスマネジメント・ライフサイクル編(1日間)

    10. このセミナーでは、1970年の史実「アポロ13号の輝かしい失敗」を題材として、ITサービスマネジメントを体系的に学習します。版権管理会社との正式な契約の元、映画 「アポロ13」を資料映像として用います(研修中に実際に映画をご覧いただきます)。映画の中で描写されている様々な障害対策、予防、および管理手法を観察し、テーマに沿って受講者同士のディスカッションを通して、考察を深めていただきます。「ITサービスマネジメントにおける重要な考え方は何か」「ITを維持・運用していくにあたって必要なことは何か」ということについて、実践的に学習することを目的とします。 詳細はこちら
    11. 「アポロ13」によるITSM+仮想事例を用いた実践演習(3日間)

    12. このセミナーでは、1970年の史実「アポロ13号の輝かしい失敗」を題材として、ITサービスマネジメントを体系的に学習します。版権管理会社との正式な契約の元、映画 「アポロ13」を資料映像として用います(研修中に実際に映画をご覧いただきます)。映画の中で描写されている様々な障害対策、予防、および管理手法を観察し、テーマに沿って受講者同士のディスカッションを通して、考察を深めていただきます。その後、仮想のユーザー企業におけるITサービス事例を用いて、ITサービスマネジメント、およびITILの基礎的な知識を実践に応用することを学習します。 詳細はこちら