アポロ13に学ぶ ITSM・SS/SD編

  • コースコード   GKI-I0019
  • 講座日数   1日間 9:30~17:30(7時間)
  • 対象者   ITサービスマネジメント(IT機器の維持・運用・管理)を主な業務にする人材
  • 前提条件   特になし
  • 価格(税抜)   一社向け(お問い合わせ)
  • 実施日程 
  •  未定 コース内容の印刷はこちら(PDF
  • 目的
  • ・ITサービスマネジメントの基本的な考え方を理解する。 ・サービスポートフォリオの重要性を知り、具体的にサービスポートフォリオを作ることができる。 ・SLAの重要性を知り、顧客との間で妥当なSLAが締結することができる。 ・ITの可用性の意味を知り、可用性を高めるための活動を具体的に取ることができる。 ・IT機器の容量や処理能力を管理するために必要な考え方を学び、業務に活用できる。
  • 概要
  •  このセミナーでは、1970年の史実「アポロ13号の輝かしい失敗」を題材として、ITサービスマネジメントを体系的に学習します。版権管理会社との正式な契約の元、映画 「アポロ13」を資料映像として用います(研修中に実際に映画をご覧いただきます)。 アポロ計画の真の目的を解説した上で、映画の中で描写されている様々な管理手法を観察し、テーマに沿って受講者同士のディスカッションを通して、考察を深めていただきます。「ITサービスマネジメントを実践していく上で重要な考え方は何か」ということの根本について、実践的に学習することを目的とします。
  • 講義内容
  • 1.オリエンテーション  ・アイスブレーキング  ・アポロ計画の背景についての説明  ・映画「アポロ13」についての説明 2.映画「アポロ13」の視聴  ・ディスカッションに必要な部分を、1時間15分程度抜粋して視聴していただきます 3.グループディスカッション  ・ITサービスマネジメント概要  ・サービスポートフォリオ  ・サービスレベル管理  ・ITサービス継続性管理  ・可用性管理  ・キャパシティ管理  
研修のお問い合わせはこちら