/* Add 2021/04/13 */

RH124 Red Hat システム管理Ⅰ

  • コースコード GKI-0328

  • 講座日数   5日間 9:30~17:30

  • 対象者    Windows システム管理者、ネットワーク管理者、Linux システム管理者向け

  • 前提条件    何らかのオペレーティングシステムでのコンピュータ・アプリケーションの技術ユーザーとしての
    基本スキルがある

  • 価格     220,000円(税別)

  • 実施日程   バーチャル研修 2021年4月5日(月) – 4月9日(金)

  • 実施日程   バーチャル研修 2021年5月10日(月) – 5月14日(金)

  • 実施日程   バーチャル研修 2021年6月14日(月) – 6月18日(金)

  • 実施日程   バーチャル研修 2021年7月5日(月) – 7月9日(金)

  • 実施日程   バーチャル研修 2021年8月16日(月) – 8月20日(金)

  • 実施日程   バーチャル研修 2021年9月6日(月) – 9月10日(金)

  • 実施日程   バーチャル研修 2021年9月27日(月) – 10月1日(金)

  • 目的
  • ・コマンドラインの概要を理解する
    ・物理ストレージの管理ができる
    ・ソフトウェアコンポーネントおよびサービスのインストールと設定ができる
    ・ネットワーク接続の確立とファイアウォール制限の制御ができる
    ・実行中のプロセスの監視と管理ができる
    ・ファイルおよびファイルシステムの管理とセキュリティ保護ができる
    ・ユーザーとグループの管理ができる
    ・システムログファイルとジャーナルの確認による問題の検出ができる
    ・Red Hat Insights による問題のトラブルシューティングとシステムの分析ができる
    ・SSH と Web コンソールによるシステムのリモート管理ができる

  • 概要
  • Linux の基本概念とコアタスクに焦点を当て、Linux® 管理の「サバイバルスキル」を習得します。専任の Linux システム管理者になるために、まず、コマンドラインの概念とエンタープライズレベルのツールを適用する方法を学びます。そして次に、Red Hat システム管理 II (RH134) を学習します。

  • 講義内容
  • 1.コマンドラインへのアクセス
    2.コマンドラインでのファイル管理
    3.Red Hat Enterprise Linux のヘルプの利用
    4.テキストファイルの作成、表示、および編集
    5.Linux のローカルユーザーとグループの管理
    6.Linux ファイルシステムパーミッションによるファイルへのアクセス制御
    7.Linux プロセスの監視と管理
    8.サービスとデーモンの制御
    9.OpenSSH サービスの設定とセキュリティ保護
    10.ログの分析と保存
    11.Red Hat Enterprise Linux ネットワークの管理
    12.システム間でのファイルのアーカイブとコピー
    13.ソフトウェアパッケージのインストールとアップデート
    14.Linux ファイルシステムへのアクセス
    15.仮想化システムの使用

  • 備考
  • ・当コースは、バーチャル研修に対応します。
    ・当コースはRedHat直営クラスへのご案内となります。

申込受付中

お申込はこちら
研修のお問い合わせはこちら