対応力コース一覧

GKI_Learning(Business)コースのお問い合わせはこちら
     
    1. DiSC活用シリーズ 顧客に合ったアプローチ(2日間)

    2. セールスの現場では、優秀な人間は、顧客に対して決してワンパターンなアプローチを行いません。顧客ごとの独特なニーズを感じ取り、自分のアプローチをそれらのニーズに巧みに対応させています。これは極めて高度なスキルですが、訓練することは可能です。 DiSC® は顧客の示す多様なニーズ、目標、好みを明らかにし、さらにほとんどのセールス担当が納得できる簡単な枠組みを提供します。参加者は、セールス担当がその顧客の重要な好みや価値観を認識するセールスのプロセスに自らを適応させるために、DiSC がどのように役立つかを学習します。その結果、あらゆる種類のスタイルと、強力かつ永続的な関係を築くことが可能になります。 詳細はこちら
    3. DiSC活用シリーズ マネジメントの障害を知り、取り除く(2日間)

    4. すぐれたマネジャーは、人を見分けることができます。部下たちが、一人ひとり違うスキル、関心、モチベーションのレベルを持っていることを理解しています。すぐれたマネジャーとは、自分のマネジメントスタイルを部下のスタイルや状況のニーズに適応させることができる人なのです。 このコースは、マネジャーが部下のニーズを認識し、業績に立ちはだかる障害を取り除くことを支援するように設計されています。 詳細はこちら
    5. インバスケット手法によるタイムマネジメント(1日間)

    6. 「常に忙しく動き回っているにも関わらず生産性が上がらない」や「いつも仕事に追われている」といった課題は、実は優秀で仕事ができる人ほど抱えている悩みです。それはたいてい、仕事の優先順位づけやとりかかる順番、時間の割り当て、論理的な思考などに問題があります。 本研修は、インバスケット研究所が提供する「インバスケット手法」を題材に、日頃の思考や行動のパターンを読み解きます。その上で、効果的なタイムマネジメントの考え方、優先順位のつけ方や仕事の割り当て方などについてのあるべき姿を学習します。 詳細はこちら
    7. メンバの効果性を高めるためのモダン・タイムマネジメント(1日間)

    8. あなたが常に忙しいのは、部下を育てるための時間を十分に捻出していないからかもしれません。また、部下が常に忙しいのは、部下に対して正しい時間の使いかたを指導していないからかもしれません。 重要なことは、仕事に対する「生産性」、「効率性」、そして「効果性」です。そしてこの3つのキーワードに共通で関連するのが、タイムマネジメントです。 本コースでは、インバスケット研究所が提供する「インバスケット手法」を題材に、第4世代のタイムマネジメント、いわゆる「モダン・タイムマネジメント」について学習します。モダン・タイムマネジメントとは、「常に成果を上げ続けるためのタイムマネジメント」のことです。タイムマネジメントの基本的な原理・原則、仕事に対する優先順位のつけ方や仕事の割り当て方、仕事に対する姿勢、などについてのあるべき姿を学習します。 詳細はこちら
    9. 上司の心得(マネジメントとリーダーシップの基礎を学ぶ)(2日間)

    10. ハイ・パフォーマーが優れた上司になれるかというと、必ずしもそうではありません。ハイ・パフォーマーに求められるスキルと、優れた上司に求められるスキルは異なるからです。また、自分の上司から「優れた上司になるための心得」を教わる機会はそう多くはないので、ハイ・パフォーマーであればあるほど、自分が預かったメンバをどう指導・育成すればよいか悩んでしまうものです。このコースは、これから「上司」と呼ばれる任職に就く人、すでに「上司」と呼ばれ、メンバを指導・育成する責任のある人を対象に、優れた「上司」が身につけておくべき2つの力-Performance機能とMaintenance機能- について、体系的に学習します。 詳細はこちら
    11. OJT担当者のための効果的OJT実践手法(1日間)

    12. 仕事をこなすスキルと、新メンバに効果的に仕事を教えるスキルは異なります。このコースでは、OJT担当者(トレーナー)が部下(トレーニー)に対して行うOJTを効果的に行うための実践手法について学習します。 また、OJTを効果的に実施するにはどのようなスキルが必要か、どのように実施すればよいのかを理解することを目的とします。 詳細はこちら