CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)

  • コースコード  GKI-0451

  • 講座日数  5日間 9:30~17:30

  • 対象者 情報セキュリティの責任者/監査人/専門家/サイト管理者/ネットワーク・インフラの完全性に不安を抱くあらゆるユーザ

  • 前提条件1 一般的なOS、コンピュータ・アーキテクチャ、ネットワーキングの基本概念に関わるある程度のスキル 例)Cisco CCNA Security、CompTIA Network+/Security+ など

  • 前提条件2  CEH (Certified Ethical Hacker)受講済、または同等の知識を有する方  

  • 価格  598,000円(税別)

  • 実施日程 オンライン 2020年12月7日(月) – 2020年12月11日(金)

  • 目的
  • ・受講者のコンピュータ ハッキング フォレンジック調査員(CHFI)認定取得を支援します

  • 概要
  • コンピュータハッキングフォレンジック調査員(CHFI)コースでは、高度なセキュリティ研修プログラムにより、侵入者の足跡を見つけ出して突き止め、告発に必要な証拠を正しく集めるスキルを習得できます。 主なフォレンジック調査のシナリオをカバーした統合型コースで、受講者は、コンピュータフォレンジック調査を成功させ、犯人の告発につなげる上で欠かせない、様々なフォレンジック調査のテクニックや一般的なフォレンジックツールを実地体験することができます。
    コース価格には、コース座学、iLabのID(6か月間有効)認定資格試験(コース開始後1年以内に受験が必要)バウチャを含みます。認定資格試験はコースの受講期間とは別に設定されています。

     
  • 講義内容
  • 1. 今日の社会におけるコンピュータ フォレンジック
    2. コンピュータ フォレンジック調査のプロセス
    3. コンピュータの捜索と押収
    4. デジタル証拠
    5. ファースト レスポンダーの手順
    6. コンピュータ フォレンジック ラボ
    7. ハードディスクとファイルシステムの理解
    8. Windowsフォレンジック
    8. データの取得と複製
    10. 削除されたファイルとパーティションの復元
    11. AccessData社のFTK を使ったフォレンジック調査
    12. EnCaseを使ったフォレンジック調査
    13. ステガノグラフィと画像ファイルのフォレンジック
    14. アプリケーションのパスワード クラッカー
    15. ログのキャプチャとイベント相関
    16. ネットワークフォレンジック、ログの調査とネットワークトラフィックの調査
    17. 無線攻撃の調査
    18. Web攻撃の調査
    19. 電子メールの追跡と、電子メール犯罪の調査
    20. モバイル フォレンジック
    21. 調査報告書
    22. 専門家として証人になる

・本セミナーは、Top Out Human Capital主催研修です。
・本セミナー(オンライン)受講に際しては、受講者ガイドラインを御確認下さい。
・キャンセル: コース開始日の11営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の11営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。
・受講者変更:コース開始日の5営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。

申込受付中

お申込はこちら
研修のお問い合わせはこちら