ミニチャレンジ! 誰が一番早いのか? – Standard Class レッスンの様子

2018/10/09

Kids LEGO

生徒が作ったそれぞれのEV3(ロボット)

誰が一番速いのか?

本日は、GKI-KIDS ロボット&プログラミング 札幌駅前校 スタンダードクラスのプログラミングレッスンの様子を紹介します。

土曜日のクラス(Saturn)の生徒達は、WROに自力で挑戦したり、C#を勉強したりと、チャレンジャー揃い。

今日は、WROの練習で使ったコースを使って、オリジナルルールで遊びました。
ルールはシンプルで、STARTエリアからYellow エリアへ行って、ブロックを2個置いて、ゴールするルールです。スピードとロボットのユニークさが勝負のようです。
機体のレギュレーションは、EV3基本セット1つに、教室にあるNXT(23台分)やTechnicシリーズのパーツ使い放題。

さて、ロボットとプログラムは出来上がるのでしょうか?

ロボットが完成したのは3名でした。

K君のロボットは超音波センサーと大きなタイヤが特徴です。

ギアが大好きなI君のロボットはみんなとは違い、タイヤとモーターを直接繋がずに、間にギアを入れることで高速走行を可能にしています。

N君のロボットは究極のシンプルを目指したロボットで、何とセンサーは一つもありません。

みんな思い思いのロボットを作って、走行するプログラムを完成させて、いざレースです!

と、I君はスピードを求めて、最後に沢山のギアを組み込んだために、モーターパワーが足りずに動かないと言う結果に…。

レゴ マインドストーム EV3 K君のロボ K君のロボット レゴ マインドストーム EV3 I君のロボ I君のロボット レゴ マインドストーム EV3 N君のロボ N君のロボット

K君のロボットは何度かの失敗を経て、「泣きの1回」をみんなに何度もお願いして、何とか完走。(「泣きの1回」を何度も許してくれるって、みんな本当に仲良しです)

さて、注目はN君のロボットです。
センサー無しで、モーターの回転数だけではたしてゴールするのでしょうか? 結果はぜひ動画をご覧下さい。

短い時間で、ロボットの組み立てから、プログラミングまで、みんなお疲れ様でした。

次回は他のメンバーのロボットも完成するかなぁ。

K君の挑戦。
N君の挑戦。はたして…
1日プログラミングに挑戦しよう!

LEGO® Mindstorms® EV3One Day Challenge

1013日 (土) 14日 (日) 開催!

たくさんの子どもたちにロボットプログラミングを体験して頂く為に、3コマ 120分で構成されたプログラミングワークショップ「One Day Challenge」です。

今回のOne Day Challengeは新しいロボットカーで、特設コース上で荷物を運ぶミッションです。 プログラミングの経験があるお子様も、経験がないお子様も楽 しんで学んでいただける内容になっております。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。