DevOpsプロフェッショナル認定試験コース

  • コースコード  GKI-0427

  • 講座日数 2日間 9:30~17:30

  • 対象者 DevOps導入に関心のある開発/運用系の中級技術者

  • 対象者 プロジェクトマネージャーまたは管理者の方

  • 前提条件 ソフトウェア開発、(含:アジャイル開発)、ITSM(あるいはITIL)などの基礎的な知識ベースをもっていること

  • 推奨条件 書籍『The DevOps ハンドブック 理論・原則・実践のすべて』 の事前購読を推奨します

  • 価格 160,000円(税別)

  • 実施日程 オンライン 2020年7月13日(月) – 7月14日(火)

  • PDU 14(Technical:11 Leadership:2 Strategic:1)

  • 目的
  • ・DevOpsの基本概念を理解する
    ・DevOpsの原則を以下の”3つの道(The Three Ways)”から理解する
     ①第一の道:フロー
     ②第二の道:フィードバック
     ③第三の道:学習および実験
    ・EXIN DevOps プロフェッショナル認定資格の取得を目指す
     EXIN DevOps プロフェッショナルの認定は、DevOps環境下で作業する人や、DevOpsへの移行を検討する組織・人のためのものです。

  • 概要
  • このコースは、DevOps導入に関心のある開発/運用系の中級技術者、プロジェクトマネージャーまたは管理者の方、DevOpsプロフェッショナル認定を目指す方に向けたコースです。
    DevOpsについて、その基本概念および原則をなす3つの方法(フロー、フィードバック、学習および実験)を学び、それらが日常の開発・運用業務に及ぼす影響を理解します。
    コース内容は、DevOpsプロフェッショナル試験の合格に必須の知識範囲をカバーしており、コースの最後では、DevOpsプロフェッショナル認定試験を受験することができます。
    これからのIT技術者にとって、DevOpsプロフェッショナル認定資格はますます重要度を増しますので、ぜひプロフェッショナル認定取得を目指してください。

  • 講義内容
  • 1.DevOpsの導入
     1. DevOpsの基本コンセプト

    2.第一の道:フロー
     1. デプロイメントパイプライン
     2. 自動化テスト
     3. 低リスクのリリース
    3.第二の道:フィードバック
     1. 遠隔測定:テレメトリー
     2. フィードバック
     3. 仮説駆動開発
     4. レビューと調整

    4.第三の道:継続的な学習と実験
     1. 学習と発見

    5.情報セキュリティ、変更管理
     1. 情報セキュリティ
     2. 変更管理

    DevOps プロフェッショナル認定試験 (90分)

  • 備考
  • ・当コースはサテライト研修・オンライン研修に対応します。
    ・オンラインクラスはZoomで提供します。あらかじめZoomのクライアント版が導入されたパソコンをご準備下さい。
    オンラインクラス受講ガイド(Zoomでご受講の前に)をご一読いただき、お申し込みをお願いいたします。

    ・当コースはEXIN の認定資格を受験するコースです。
    ・受験登録時に受講者ご本人のメールアドレスが必須となり、このメールアドレス対して、EXINから認証依頼メール、合否メールが直接送付されます。

    [資格取得関連情報]
    EXIN DevOps Master 認定
    以下のEXINサイトを参照
    (https://www.exin.com/NL/en/certifications/&exam=exin-devops-master) (https://www.exin.com/JP/ja/news-japan/2016/devops)

    当コースはPMBOK® Guideに準拠しており、修了時にPMI®のPDU(14PDU)が取得いただけます。
    PMBOKはプロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。


       本研修は、株式会社アイ・ラーニングの主催になります。

申込受付中

お申込はこちら
研修のお問い合わせはこちら