VMware NSX: Install, Configure, Manage [V6.4]

  • コースコード GKI-0394

  • 講座日数 5日間 9:30~17:30

  • 対象者 システムまたはネットワークの上級管理者

  • 前提条件 エンタープライズ環境におけるスイッチおよびルーティングについて理解していること

  • 前提条件 TCP/IP サービスに関する知識

  • 前提条件 ファイアウォールおよびファイアウォール ルール セットに関する経験

  • 前提条件 vSphere ICM コースの内容を理解していること

  • 価格 オンライン $4,250(税別)

  • 価格 オンデマンド $4,250(税別) バウチャー付き

  • 実施日程 Live Online 2020年9月7日(月) – 9月11日(金)

  • 実施日程 Live Online 2020年11月16日(月) -11月20日(金)


  • 目的
  • ・管理および制御するために VMware NSX コンポーネントを構成および導入する
    ・VMware NSX のレイヤー 2 ネットワークの基本について理解する
    ・論理スイッチ ネットワークを構成、導入、および使用する
    ・VMware NSX の分散ルータ アプライアンスを構成および導入し、East-West 接続を確立する
    ・VMware NSX Edge サービス ゲートウェイ アプライアンスを構成および導入し、North-South 接続を確立する
    ・VMware NSX の L2 ブリッジを構成する
    ・NSX Edge サービス ゲートウェイの主な機能すべてを構成および使用する
    ・NSX Edge ファイアウォール ルールを構成し、ネットワーク トラフィックを制限する
    ・VMware NSX 分散ファイアウォール ルールを構成し、ネットワーク トラフィックを制限する
    ・Service Composer のポリシーを構成する
    ・ID 認証ファイアウォールを構成する
    ・VMware NSX セキュリティについて理解する
    ・Cross-vCenter VMware NSX 機能を使用する

  • 概要
  • VMware NSX のインストール、構成、および管理を中心とする包括的な内容について学習する速習コースです。このコースでは、Software-Defined Data Center を構成する VMware NSX について説明します。VMware NSX の論理スイッチを使用してスイッチ環境を仮想化する方法を学習します。また、複数の仮想環境でダイナミック ルーティングを行うための論理ルーティングについても説明します。さらに、ゲートウェイ サービス、ファイアウォール構成、およびセキュリティ サービスを利用して、VMware NSX 環境のセキュリティ保護と最適化を行う方法についても学びます。
    演習では、Software-Defined Data Center 環境を想定した実習機材を使用して、このコースで学んだスキルや概念を確認します。

  • 講義内容
  • 1.コースについて
    ・概要およびコースの流れ
    ・コースの目標

    2.vSphere ネットワーク紹介
    ・vSphereネットワークのコンポーネント
    ・vSphere標準仮想スイッチ
    ・vSphere分散仮想スイッチ

    3.NSX紹介
    ・NSXアーキテクチャについて
    ・管理プレーン、制御プレーン、およびデータ プレーン
    ・VMware NSX Manager
    ・VMware NSX Controller クラスタ

    4.NSXインフラストラクチャ導入準備
    ・NSXインストール要件
    ・NSX導入のプランニング
    ・NSXコントローラの展開
    ・NSXコントローラの可用性について
    ・ホストの準備

    5.NSX論理スイッチ ネットワーク
    ・VXLANとVTEP
    ・ネットワーク仮想化のインフラ準備
    ・VXLAN用のvSphere分散スイッチ
    ・NSX論理スイッチのコンポーネント
    ・VXLAN用のVALN

    6.NSX論理ルーティング
    ・east-west、north-southルーティング
    ・NSX分散論理ルータとは
    ・NSX分散論理ルータのインタフェース、アドレスなど
    ・管理プレーンとコントロールプレーン
    ・論理ルータの展開モデル
    ・NSX Edgeサービス ゲートウェイ

    7.NSXアドバンスド論理ルーティング
    ・リモートネットワークとの接続
    ・ルート再配送の方法
    ・ルートフィルタリング
    ・ルーティング イベント通知
    ・等コストマルチパス
    ・NSX Edge サービス ゲートウェイの可用性

    8.NSX L2ブリッジ
    ・L2ブリッジとユース ケース
    ・L2ソフトウェア ブリッジとハードウェア ブリッジ

    9.NSX Edgeサービス
    ・NAT
    ・NAT64
    ・ロード バランシング
    ・DHCPとDNSリレー サービス

    10.NSX Edge VPNサービス
    ・L2 VPNの構成
    ・IPsec VPNの構成
    ・SSL VPN-Plusの構成

    11.NSX セキュリティ サービス
    ・分散ファイアウォール
    ・仮想コンテキスト アウェアネス
    ・ネットワーク/セキュリティ コンテナのカスタマイズ
    ・DHCPスヌーピング
    ・ARPスヌーピング

    12.NSXアドバンスド セキュリティ サービス
    ・NSXSpoofGuard
    ・タグを使用した動的なセキュリティサービスチェーン
    ・Service Composer
    ・ID認証ファイアウォール
    ・アプリケーション ルール マネージャ
    ・セッションの監視

    13.NSXイントロスペクションサービス
    ・イントロスペクションの種類
    ・ゲストとネットワーク イントロスペクションのインストールと設定
    ・ゲストとネットワーク イントロスペクションのアラーム、イベント、監査メッセージ

    14.Cross-vCenter VMware NSX
    ・Cross-vCenter VMware NSX 機能の概要
    ・NSX Manager ロール
    ・ユニバーサル論理スイッチ
    ・Cross-vCenter VMware NSX の展開モデル

  • 備考
  • ・当コースは、ライブオンラインコースに対応します。
    ・本研修は、VMware 株式会社 の主催になります。
    ・VMwareトレーニングでは、電子ブック形式のテキスト「eBook」を使用いたします。
    ・コースのキャンセル及び日程の変更は、コース開始日の11営業日前までとさせていただきます。
    ・10日以内のキャンセルは、受講費用の全額をご請求させていただきます。
    ・ドル建てコースのため、お申込み時の為替にて円建ての請求書を発行させて頂きます。

    VMWareトレーニング受講時のお願い事項
    VMwareトレーニングをお申込みの際は、VMware社MyLearnサイトのユーザ情報が受講者ごとに必要となります。MyLearnサイトでは、コース受講修了証の印刷、受験申込手続き、VCP試験合格後にVCP合格KIT(VCP合格証、VMware Workstationライセンス番号など)を取得いただけます。
    初めてVMwareトレーニングをご受講される方は、お申込み前に必ずMyLearnサイトにてユーザをご登録ください。なお、VMwareトレーニングお申込み時には、MyLearnサイトに登録されたEmailを入力します。(※全受講者)
    MyLearnサイトのユーザ登録はこちらをご覧ください。

申込受付中

お申込はこちら
研修のお問い合わせはこちら