VMware Horizon 7: Install, Configure, Manage [V7.7]

  • コースコード GKI-0393

  • 講座日数 5日間 9:30~17:30

  • 対象者 エンド ユーザー カスタマー企業の IT 部門で働いている技術者

  • 対象者 リモート デスクトップ サービスや仮想デスクトップ サービスのサービス提供担当者

  • 前提条件 VMware vSphere Web Client からの仮想マシン、データストア、ネットワークの状態の参照ができる

  • 前提条件 VMware vCenter Server から仮想マシン コンソールを開き、ゲスト OS にアクセスできる

  • 前提条件 仮想マシンのスナップショットの作成ができる

  • 前提条件 ゲストのカスタマイズ仕様の構成ができる

  • 前提条件 仮想マシンのプロパティの変更ができる

  • 前提条件 仮想マシンからテンプレートへの変換ができる

  • 前提条件 テンプレートからの仮想マシンの展開ができる

  • 前提条件 Microsoft Windows のシステム管理に関する全般的知識をお持ちの方

  • 価格 オンライン $4,250(税別)

  • 価格 オンデマンド $4,250(税別)

  • 実施日程 Live Online 日程調整中


  • 目的
  • このコースを修了すると、次のことができるようになります。
    ・VMware Horizon のコンポーネントを確認する
    ・View Connection Server をインストールおよび構成する
    ・仮想デスクトップをインストールおよび構成する
    ・Horizon Client システムを構成および管理する
    ・物理マシンと仮想マシンのプールを構成および管理する
    ・フル仮想マシンの自動プールを構成および管理する
    ・リンク クローン デスクトップのプールを構成および管理する
    ・インスタント クローンの自動プールを構成および管理する
    ・デスクトップとアプリケーションの Remote Desktop Services (RDS) プールを構成および管理する
    ・Horizon Administrator を使用して VMware Horizon 環境を構成する
    ・仮想デスクトップへの安全なアクセスを構成する
    ・VMware User Environment Manager を使用してユーザーのカスタマイズ設定とアプリケーションの構成を管理する
    ・プロファイル管理を導入する手順について理解する
    ・VMware App Volumes を使用してアプリケーションのプロビジョニングと管理を行う
    ・JMP(Just-In-Time Management Platform)アーキテクチャの利点を確認する
    ・VMware Horizon 環境のパフォーマンスおよびスケーラビリティを管理する

  • 概要
  • この 5 日間コースでは、各受講者が 1 つの仮想デスクトップ インフラストラクチャ プラットフォームの実習環境を使用して仮想デスクトップとアプリケーションを提供するために必要なスキルを習得できます。講義と実習を通して、VMware Horizon のインストール、構成、および管理に必要なスキルを身に付けます。仮想マシンのプールを構成および展開する方法、マシンのアクセスおよびセキュリティを管理する方法、カスタマイズしたデスクトップ環境をエンド ユーザーに提供する方法について説明します。

  • 講義内容
  • 1.コースの導入

    2.Horizon の概要
     ・VMware Horizon の機能と利点を確認する
     ・VMware Horizon の各コンポーネントの主な機能を確認する
     ・仮想デスクトップおよびアプリケーションのインフラストラクチャのユースケースについて理解する

    3.View Connection Server
     ・View Connection Server の vSphere 要件について確認する
     ・VMware Horizon のコンポーネントにライセンスを付与する
     ・View Connection Server を構成する
     ・問題の詳細をすばやく見つけるため、ダッシュボードを使用する
     ・VMware Horizon Help Desk Tool を使用する利点を確認する

    4.Horizon のデスクトップ
     ・VMware Horizon の仮想マシンを設定するプロセスと選択肢について理解する
     ・VMware Horizon で使用可能なリモート表示プロトコルを比較する
     ・Horizon Agent インストール時の構成の選択肢について理解する

    5.Horizon のデスクトッププール
     ・デスクトップ プール展開用テンプレートの設定手順について確認する
     ・View Connection Server インベントリにデスクトップを追加する手順を確認する
     ・デスクトップの資格を定義する
     ・Users and Groups ページ上での View ユーザーの管理方法および監視方法について理解する
     ・グローバル ポリシー、プール レベル ポリシー、およびユーザー レベル ポリシーの階層について理解する
     ・View のグループ ポリシー管理 (ADM) テンプレートファイルを確認する

    6.Horizon Client のオプション
     ・Horizon Client のインストール要件について理解する
     ・Horizon Client をインストールし仮想デスクトップに接続する
     ・USB リダイレクトとオプションについて理解する
     ・シン クライアントを定義し、Horizon Client を実行しているシステムと比較する
     ・ロケーション ベース印刷のために仮想印刷を構成する

    7.自動プールの作成および管理
     ・自動プールの操作方法について理解する
     ・専用割り当てプールと流動割り当てプールを比較する
     ・自動プールの作成手順について理解する

    8.リンク クローン デスクトップの作成および管理
     ・VMware のリンク クローン テクノロジーについて理解する
     ・View Composer のシステム要件について理解する
     ・パーシステント ディスクとシステム ディスクの関係について理解する
     ・リンク クローンを使用する自動デスクトップ プールの設定手順について理解する
     ・親仮想マシンとレプリカ仮想マシンの目的を比較する
     ・リンク クローンの管理(再構成、更新、再分配)操作を比較する
     ・パーシステント ディスクの管理作業について理解する

    9.インスタント クローン プールの作成および管理
     ・インスタント クローンの利点を確認する
     ・View Composer クローンとインスタント クローンの違いを理解する
     ・インスタント クローン仮想マシンのタイプを確認する
     ・インスタント クローンの要件を確認する
     ・インスタント クローンを使用する自動プールの設定手順について理解する
     ・インスタント クローンの自動プールを作成する
     ・プッシュイメージ操作を使用して、インスタント クローン デスクトッププールのイメージを更新する

    10.Horizon の認証
     ・View Connection Server でサポートされている認証オプションを比較する
     ・Horizonの役割および権限の目的について理解する
     ・Horizon管理者とカスタムロールの設定手順について理解する
     ・Horizon管理者構成のベストプラクティスを確認する
     ・Horizonサーバーに、新しいTLS証明書を構成することについて理解する

    11.Horizon のセキュリティ管理
     ・クライアントからデスクトップへアクセスする際のトンネル接続と直接接続とを比較する
     ・DMZ でUnified Access Gateway を使用する利点を理解する
     ・直接接続について理解する
     ・直接接続の利点について理解する
     ・Unified Access Gateway の利点について検討する
     ・Unified Access Gateway の二要素認証オプションを確認する
     ・Unified Access Gateway アプライアンスを構成する

    12.User Environment Manager を使用したプロファイル管理
     ・User Environment Manager の機能分野とその利点について理解する
     ・User Environment Manager のインストールとコンポーネントの構成について手順を確認する
     ・User Environment Manager 管理コンソールを使用してユーザーのパーソナライゼイションを管理する
     ・User Environment Manager スマートポリシーについて理解する

    13.RDS デスクトップおよびアプリケーション プールの作成および管理
     ・RDS デスクトップ プールと自動プールの違いについて理解する
     ・RDS アプリケーション プールを使用してアプリケーションにアクセスする方法を理解する
     ・RDSH、ファーム、およびアプリケーション プールの関係について理解する
     ・RDS デスクトップ プールとアプリケーション プールを作成する
     ・RDSH のロード バランシング オプションについて理解する

    14.App Volumes を使用したアプリケーションのプロビジョニングと管理
     ・App Volumes の仕組みについて理解する
     ・App Volumes の機能と利点を確認する
     ・App Volumes のインターフェイス要素を確認する
     ・App Volumes をインストールおよび構成する

    15.JMP(Just-In-Time Management Platform) と Horizon 7 の概要
     ・JMP の利点を確認する
     ・JMP と Horizon 7 のコンポーネントを確認する
     ・JMP展開の考慮事項を確認する
     ・JMPサーバーのインストールと構成について確認する

    16.コマンド ライン ツールおよびバックアップ オプション
     ・コマンドライン オプションとして vdmadmin コマンドで使用できる View Connection Server の主な機能について理解する
     ・クライアント システム用のキオスク モードの目的と、その構成方法について理解する
     ・VMware Horizon の各コンポーネントに関するログの格納場所を確認する
     ・VMware Horizon データベースのバックアップオプションについて理解する

    17.Horizon のパフォーマンスおよびスケーラビリティ
     ・レプリカ サーバの目的について理解する
     ・マルチサーバ構成のベスト プラクティスを確認する
     ・大規模Horizon展開における、クラウドポッドアーキテクチャの利点について理解する
     ・ローカルView Connection Serverにログインし、別ポッドのデスクトップにセッション確立できることを理解する
     ・グローバル資格の作成について理解する

  • 備考
  • ・当コースは、ライブオンラインコースに対応します。
    ・本研修は、VMware 株式会社 の主催になります。
    ・VMwareトレーニングでは、電子ブック形式のテキスト「eBook」を使用いたします。
    ・コースのキャンセル及び日程の変更は、コース開始日の11営業日前までとさせていただきます。
    ・10日以内のキャンセルは、受講費用の全額をご請求させていただきます。
    ・ドル建てコースのため、お申込み時の為替にて円建ての請求書を発行させて頂きます。

    VMWareトレーニング受講時のお願い事項
    VMwareトレーニングをお申込みの際は、VMware社MyLearnサイトのユーザ情報が受講者ごとに必要となります。MyLearnサイトでは、コース受講修了証の印刷、受験申込手続き、VCP試験合格後にVCP合格KIT(VCP合格証、VMware Workstationライセンス番号など)を取得いただけます。
    初めてVMwareトレーニングをご受講される方は、お申込み前に必ずMyLearnサイトにてユーザをご登録ください。なお、VMwareトレーニングお申込み時には、MyLearnサイトに登録されたEmailを入力します。(※全受講者)
    MyLearnサイトのユーザ登録はこちらをご覧ください。

申込受付中

お申込はこちら
研修のお問い合わせはこちら