WebSphere Application Server V9 システム管理

  • コースコード GKI-0443

  • 講座日数 4日間 9:30~17:00

  • 対象者1 WebSphere Application Server の導入および運用管理に携わる方

  • 前提条件1 WebSphere Application Server(WAS)の製品の位置づけ、及びWASの基本機能(システム管理、ワークロード管理、セッション管理、パフォーマンス管理、セキュリティー)の概要を理解していること

  • 前提条件2 はじめてのWebSphere Application Server」を受講している、またはWASの代表的な新機能についてその概要を理解していること

  • 前提条件3 Javaの基本用語(クラス、メソッド、インスタンス、CLASSPATH、avaBeans等)を理解できていることが望ましい

  • 価格 334,000円(税別)

  • 実施日程 オンライン 2020年12月22日(火) – 12月25日(金)

  • 実施日程 オンライン 2021年2月1日(月) – 2月4日(木)

  • 実施日程 オンライン 2021年3月23日(火) – 3月26日(金)


  • 目的
  • コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
    ・WebSphere Application Server V9の概要の説明
    ・管理コンソールの使用
    ・エンタープライズ・アプリケーションのパッケージング
    ・WASにエンタープライズ・アプリケーションのインストール
    ・問題判別
    ・コマンドによる管理
    ・セキュリティーの設定
    ・パフォーマンス・モニタリング方法の取得
    ・セルの統合
    ・クラスター構成を組んでワークロード管理
    ・SSL通信の設定
    ・インテリジェント管理の概要の説明

  • 概要
  • WebSphere Application Server の導入および運用管理に携わる方を対象とした、WAS V9対応のコースです。WASのプロファイル作成から、シングル・サーバーの構築、NDセルの構築、構成管理を演習を通じて学習するもので、これからWASの管理をされる方、既に運用に携わっている方、いずれの方も、効率よくWAS V9の機能を習得できます。
    新しくWASの管理を学習される方も、WASは知っているが新しいバージョンは触ったことがないという方も、学習には実際に製品に触ってみることが一番効果的です。
    社内で環境を用意することは難しいと思いますので、コースの環境を存分に活用してスキルを習得してください。

  • 講義内容
  • 1.WebSphere 製品ファミリーの概要

    2.WAS 単一サーバー構成
      演習1 プロファイルの作成

    3.WASの管理コンソール
      演習2 WASの管理コンソールの使い方

    4.パッケージング
      演習3 エンタープライズ・アプリケーションの作成

    5.エンタープライズ・アプリケーションのインストール
      演習4 エンタープライズ・アプリケーションのインストール

    6.問題判別
      演習5 問題判別

    7.コマンドによる管理
      演習6 wsadminの基本操作

    8.セキュリティー構成
      演習7 WASセキュリティー構成
      演習8 アプリケーション・セキュリティー

    9.パフォーマンス・モニタリング
      演習9 パフォーマンス・モニタリング・ツールの使い方

    10.WAS 複数サーバー構成

    11.セルの統合
      演習10 演習環境構築
      演習11 統合セルの作成

    12.ワークロード管理
      演習12 クラスタリングとワークロード管理

    13.WebSphere Security:SSL
      演習13 WebSphereでのSSL構成

    14.インテリジェント管理

  • 備考
  • ・演習環境は、英語版のLinux環境のWAS ND V9.0を使用します。
    ・講習テキスト、演習テキストは日本語で行います。
    ・当コースは、オンライン研修に対応します。

    本研修は、株式会社アイ・ラーニングの主催になります。

申込受付中

お申込はこちら
研修のお問い合わせはこちら