DB2 for z/OS アプリケーション・パフォーマンス

  • コースコード GKI-0463

  • 講座日数 3日間 9:30~17:00

  • 対象者 DB2アプリケーション設計者、DB2データベース管理者、DB2パフォーマンス・チューニングに携わるシステム管理者の方

  • 前提条件1 静的SQLステートメントを使用して、適用業務プログラムをコーディングできる

  • 前提条件2 プログラムを実行するまでに必要な準備作業を行える

  • 前提条件3 プログラムのテストを行い、エラー箇所を修正できる

  • 前提条件4 動的SQLプログラムを作成できる

  • 前提条件5 プログラムのテスト環境を準備できる

  • 前提条件6 上記条件1~5、または「DB2 for z/OS 適用業務プログラミング演習」を受講している

  • 価格 234,000円(税別)

  • 実施日程 オンライン 2020年9月23日(水) – 9月25日(金)


  • 目的
  • 当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
    ・SQL ステートメントおよび適用業務プログラムの応答時間を、見積手法 VQUBE3(超簡易上限見積)を用いた見積
    ・より良い索引設計を行い、VQUBE3による検証
    ・オプティマイザーと付き合う方法を習得し、パフォーマンスの改善を図る

  • 概要
  • DB2アプリケーション設計者、DB2データベース管理者、DB2パフォーマンス・チューニングに携わるシステム管理者の方を対象としたコースです。
    パフォーマンス改善のために必要な索引、アクセスパス、ロックについて理解し、より良いパフォーマンスを得るための索引設計の方法を習得できます。

  • 講義内容
  • 1. アプリケーション・パフォーマンスとチューニングの概要
    2. パフォーマンス分析ツール
    3. より良い索引を目指して
    4. 複数表アクセス
    5. より良い表を目指して
    6. オプティマイザーと付き合う方法
    7. 大規模バッチ
    8. ロック関連の問題

  • 備考
  • ・当コースは、サテライト研修・オンライン研修に対応します。
    ・DB2 for z/OS V11対応コースです。
    ・当コースは、機械実習はありません。ご了承ください。

    本研修は、株式会社アイ・ラーニングの主催になります。

申込受付中

お申込はこちら
研修のお問い合わせはこちら