速習! IBM Cloudビジネスアプリケーション開発

  • コースコード GKI-0355

  • 講座日数 1日間 9:30~17:00

  • 対象者 IBM Cloudによるアプリケーション開発に興味をお持ちの方

  • 前提条件 Windowsの基本操作ができること

  • 価格 60,000円(税別)

  • 実施日程 オンライン 2020年9月23日(水)


  • 目的
  • ・SoE(System of Engagement)時代のITの役割を理解し、クラウドの有用性を理解する
    ・IBM Cloudのサービスの全体像や料金体系を理解する
    ・IBM Cloudの利用に必要なアカウント管理、ポータルの基本操作ができる
    ・ブラウザ上で、アプリケーションを開発するプロセスを理解し、Node-REDを用いた、簡単なアプリケーション開発ができる

  • 概要
  • IBM Cloudによるアプリケーション開発に興味をお持ちのビジネスパーソンを対象にした、アプリケーション開発のプロセスを速習するコースで、プログラミングが必要な部分と、ユーザーが関与しやすい部分を明らかにして、(DevOpsならぬ)’DevBiz’開発をフィーチャーします。
    教材は、ビジネスの場でも活かせるサンプルアプリケーションやテンプレートを使用します。

    IBM Cloudは、ビジョンをすばやく形にするためのプラットフォームです。現代のITは、単にビジネスの効率化や合理化のために使われるのではなく、新しいサービスや価値の創造の役割を担っています。といっても、ビジネスニーズに即応して、新しいサービスを創出するのは簡単ではありません。せっかく浮かんだアイデアも、実現に何ヶ月もかかるようではチャンスを逃してしまいます。
    当コースでは、エンジニア以外のビジネスパーソンを対象に、IBM Cloudを活用した、アプリケーション開発のプロセスを速習します。

  • 講義内容
  • 1.IBM Cloudの可能性
     ・SoRからSoEへ
     ・クラウドがもたらす価値
     ・IBM Cloudの概要
     ・IBM Cloudで実現できること

    2.IBM Cloudを使った開発
     ・IBM Cloudが提供する開発環境
     ・開発プロセス
     ・ランタイム、サービス、ボイラープレート
     ・Web IDE
     ・料金、ライセンスモデル

    3. ハンズオン
     ・IBM Cloudの利用開始
     ・サンプルアプリケーションの仕様
     ・サンプルアプリケーションの開発と配備、カスタマイズ

    4. まとめ

  • 備考
  • ・当コースは、サテライト研修・オンライン研修に対応します。

    本研修は、株式会社アイ・ラーニングの主催になります。

申込受付中

お申込はこちら
研修のお問い合わせはこちら