交渉技術 応用

  • コースコード   GKI-I0043
  • 講座日数   2日間 9:30~17:30(14時間)
  • 対象者   高度な交渉を必要とする、主にSEやプロジェクトマネージャなど技術職の人
  • 前提条件   弊社講習会「交渉技術基礎」コースをご受講済み、あるいは同等のスキルがある人
  • 価格(税抜)   お問い合わせください
  • 実施日程 
  •  一社向け開催 コース内容の印刷はこちら(PDF
  • 目的
  • ・協力的な交渉に必要な心構えと6つのプロセスを理解し、実際に使用することができる。 ・交渉相手との葛藤の本質を見極めることができる。 ・交渉相手と協力的に葛藤を処理し、合意に至ることができる。 ・非協力的な交渉相手に対して、効果的な説得技法を使うことができる
  • 概要
  •  このセミナーでは、相手との協力的な交渉術の基礎を学習した人を対象に、協力的な交渉に関する具体的な手法について、演習を交えながら学びます。 また、非協力的な交渉相手に対して有効な、交渉の具体的なテクニックについても学習します。
  • 講義内容
  • 1.交渉とは(一部、基礎コースの復習を含む)   ・葛藤とは   ・交渉とは   ・非協力的な相手   2.ラポール(信頼関係の構築)   ・ラポールとは   ・ラポールを形成するテクニック 3.非協力的な相手との交渉   ・交渉に余裕を持たせるために   ・BATNAとZOPA   ・怒りのコントロール   ・仮説をたてる 4.反論   ・反論とは   ・論証の基本   ・反論の基本   ・論拠の正当化 5.説得   ・説得とは   ・欲求の充足   ・説得のテクニック   ・要求を断る
研修のお問い合わせはこちら